車検を受けるために必要なもの

車検を受けるために必要なもの

自動車検査いわゆる車検を受けるためには、先立つものがないと検査を受けられません。まずは自動車税です。

この税金はナンバープレートの表示されている地域から課税されるようになっていて、納税を済ませた時に納税証明を取得し、それを車検申し込み時に添付して申請を出します。



このことは、ユーザー車検であろうと業者への依頼による車検であろうと、同じです。
つまり、必ず納税が必要だということです。



昔は抜け道として、運輸支局で行う変更登録のうち構造変更の場合のみはこの納税証明が必要ありませんでした。

したがって、納税していなくても検査期間が延びてしまうという法の抜け道になっていた時期が長く続きました。

ただ、ここ最近ではこの方法は取れません。


納税証明がこの構造変更の場合であっても必要になるように、制度変更が行われたためです。

悪質な滞納者はこれにより減少したとも言われています。この検査では、検査項目は同じですので、その項目がすべてチェックできていれば、使用車が直接運輸支局等に持ち込んで検査を受けることも全く問題がありません。
自ら持ち込んで検査を受ければ、ディーラー等の業者への代行料金を浮かせることも可能になっています。



このように、少しでもこの検査代を浮かせようと思えば、自ら検査を受けに行くことも考慮の余地はあるでしょう。


ただ、運輸支局等は役所ですので、平日の日中の時間帯しかやってません。

そのことに注意が必要です。

Copyright (C) 2015 車検を受けるために必要なもの All Rights Reserved.